「あん摩マッサージ指圧師」の試験科目

2018年現在の「あん摩マッサージ指圧師」の国家資格を取るために勉強する必要がある試験科目は、「あん摩マッサージ指圧師」国家試験に出題されている試験科目は、「医療概論(医学史を除く)」、「衛生学・公衆衛生学」、「関係法規」、「解剖学」、「生理学」、「病理学概論」、「臨床医学総論」、「臨床医学各論」、「リハビリテーション医学」、「東洋医学概論・経絡経穴概論」、「あん摩マッサージ指圧理論及び東洋医学臨床論」となっているとのことです。

・「解剖学」とは
「解剖学」とは、様々な植物や生物の外部の形態および内部の構造とを、広い意味で研究していく分野の学問であり、形態学の一種となっています。
解剖という言葉が示しているとおり、対象となるものを解剖つまり切り開いて、その対象の形状や構造を調べていくということが起源となっている学問です。
顕微鏡などの技術の進歩にともない、「解剖学」も発展していきました。
そして「あん摩マッサージ指圧師」に直接必要となってくるのは、「解剖学」の中でも、人間の身体に関わる「人体解剖学(解剖学の中で、細胞学や組織学以外の人間の身体に関わっている分野の学問)」と呼ばれる分野だといえるでしょう。

・「生理学」とは
「生理学」とは、様々な生物の個体および生物の身体を構成している器官や組織などが、どのように作用したりどんな機能をしているかというのを研究していく分野の学問であり、生物学の一種となっています。
かつては生物について研究をする「動物生理学」と、植物について研究をする「植物生理学」とに分けられていましたが、現在では単に「生理学」といった場合はかつての動物生理学のことのみをさすのが一般的となっているようです。